あしふみ健幸ライフ 効果

 

『自然豊かな森を、静かに散策。』

 

田舎に住んでいれば、さぞ心穏やかな時間が過ごせることでしょう。

 

鳥のさえずり、可憐な花、キラキラとした新緑。

 

何はなくとも外へ出かけたくなります。

 

このように足を動かすことは、脳への良い影響があることが分かっています。

 

 

\ご購入はこちらから/

 

 

【あしふみ健幸ライフ】脳への効果は?

 

日本国内で65歳以上の高齢者5,000人に行われた大規模調査によると、「1日に5,000歩以上(7.5分以上)の早歩きを行っている人に、認知症発症者はほとんどいなかった」という結果があります。

 

 

「海馬」が鍛えられる

 

筑波大学体育系の征矢英昭教授らの研究によると、ウォーキングなどの軽い運動をたった10分行うだけで、海馬(脳の学習や記憶を司る)が刺激され、記憶力が高まることが明らかになっています。

 

「軽い運動」とは、ゆっくりペースのウォーキングの他に太極拳やヨガなどが該当し、「かなり楽な動き」という程度です。

 

 

 

【あしふみ健幸ライフ】は座ったまま足の上下運動。

 

大きな貧乏ゆすりをしている程度なので、かなり楽な動きです。

 

これだけで記憶力が高まるなら、やらない理由は無いですね。

 

 

 

「エンドルフィン」が分泌される

 

「エンドルフィン」は、別名「脳内麻薬」と呼ばれる脳内ホルモン。

 

エンドルフィンが分泌されると、モルヒネと同様の多幸感が得られます。

 

具体的な例として「ランナーズ・ハイ」を挙げてみましょう。

 

長時間の疲労によるストレスを緩和するため、脳内でエンドルフィンが分泌されます。

 

それにより、神経が鎮静化して高揚感が得られるのです。

 

 

 

マラソンのような激しい運動でなくても、軽い運動でカラダに刺激を与えればエンドルフィンが分泌され、幸せを感じることができます。

 

高齢者の人生は残り少ないのですから、うまくエンドルフィンを作り出し、幸福感に溢れた日々を暮らしてもらいたいですね。

 

 

 

 

【あしふみ健幸ライフ】高齢者への効果  おわりに

 

軽い運動をするだけで

 

・記憶力が上がり、認知症予防になる

 

・エンドルフィンが分泌されて幸せを感じる

 

脳に良い効果がもたらされる事が分かりました。

 

ただ、体力の弱い高齢者にジョギングは勧められません。

 

毎日たった5分だけでも20分のウォーキング効果が得られる【あしふみ健幸ライフ】なら、転倒の危険もなくて安心ですね。

 

 

今の社会、人との接触が激減し自宅にこもりっきりの高齢者が激増しています。

 

あなたが気軽に会いに行けるようになるまでの間、せめて幸せ溢れた生活をしてもらえるよう、この健康器具を贈って差し上げてはいかがでしょうか。

 

 

\ご購入はこちらから/