あしふみ健幸ライフ 冬季うつ

【あしふみ健幸ライフ】で「冬季うつ」予防!

 

誰でも簡単に軽快なリズムで運動ができる【あしふみ健幸ライフ】は、たくさんの高齢者施設や病院の待合室などに導入されています。

 

 

寒い冬こそ、「イチ、ニ、イチ、ニ」と声に出しながら無理のないリズム運動が最適!

 

・こたつに潜りがち
・暖房が効いている部屋から出たくない
・寒いからウォーキングしたくない
・運動が続かない

 

【あしふみ健幸ライフ】は、高齢者だけでなく在宅ワーカーにも人気の運動器具です!

 

\ご購入はこちらから/

 

 

 

【あしふみ健幸ライフ】で“冬季うつ”を予防しよう!

 

寒い時期は暖房器具の近くから離れられず、トイレに行くのも億劫に感じることが多々あります。

 

この症状が酷くなると”冬季うつ”と呼ばれ、症状が進行してしまうことも。

 

冬になると気持ちが落ち込んで「ヤル気」が起きない、という方はご注意ください。

 

”冬季うつ”チェック項目
・集中力がなくなる
・人付き合いがおっくう
・外出したくない
・なんでも面倒くさい
・炭水化物や甘いものが食べたい
・体重増加
・昼間に眠くなる

 

 

“冬季うつ”とセロトニン

 

”冬季うつ”の原因は「太陽の光」と関係があります。
冬は日照時間が短いので日光を浴びる量が少なくなり、「セロトニン」が分泌しにくくなるのです。

 

「セロトニン」が不足すると、
・慢性的ストレス
・疲労
・イライラ感
・向上心低下
・意欲低下
・協調性欠如
・不眠
といった状態になります。

 

逆に「セロトニン」が満ちていると、
・精神の安定
・安心感
・平常心
・直観力が上がる
・幸福感
・頭の回転が良くなる
・抗ストレス
というような状態になり、”うつ”とはかけ離れた生活が送ることができます。

 

「セロトニン」の分泌を増やして”冬季うつ”を予防しましょう!

 

 

「セロトニン」の増やし方

 

普段の生活に無理せず取り込める方法です。

 

1、日光を浴びる

 

1日15〜30分程度で十分です。
可能であれば、朝一番に太陽の光を浴びて一日のスイッチを入れるのが理想です。

 

 

2、食事

 

セロトニンの材料となるのが必須アミノ酸のトリプトファンです。
体内で生成されないので、食事から摂らなければなりません。

 

・豆腐、納豆、味噌などの大豆製品
・ヨーグルト、チーズなどの乳製品
・米などの穀類
などに含まれます。

 

 

3、リズミカルな運動

 

ウォーキング、サイクリング、フラフープなど、一定のリズムを繰り返す運動が最適です。
「イチ、ニ、イチ、ニ」と声に出したり、頭の中でリズムを作りましょう。

 

【あしふみ健幸ライフ】は、「運動をしている」という自覚も感じられないほど簡単な運動です。
だからこそ、運動嫌いの私たちにも最適なのです。

 

 

 

おわりに

 

寒い冬はうつうつとした気持ちになる日も多いです。
近年は仲間で集まったり、旅行に出かける機会もなくなり、孤独を感じている方もいます。

 

そういった状態から”冬季うつ”にならないよう、積極的に「セロトニン」を分泌させて寒い時期を乗り越えていきましょう!

 

日光を浴び、大豆食品を食べ、軽い運動です!

 

【あしふみ健幸ライフ】なら、運動が苦手でも大丈夫。
テレビを見ながら毎日5分から始めていきましょう!

 

\ご購入はこちらから/